デザイナー

  T's 
土岐 秀一

1944年生。
1967年多摩美術大学・デザイン科・インテリアデザイン卒業
卒業後、父の宝石貴金属会社に入社。
1976年独立、同時に会社設立。
ヨーロッパの伝統あるデザイン加工技術を意識しながら、
独自の発想でデザインし続け、現在に至る。
世に送り出した作品は、優に1万点を超す。
     tokiel
土岐 英子

1979年東京生まれ。
祖父は宝石商、父はジュエリーデザイナーの家庭で育つ。
高校卒業後渡米。
2002年NYファッション工科大学ジュエリーデザイン科卒。
(Fashion Institute of Technology, New York NY)
卒業後ジュエリーデザイナーとして活動。
その間に得た石の知識や加工技術を生かし、
ハイジュエリーとはまた違う 毎日気軽に着けられるアクセサリーブランド
[tokiel]を立ち上げる。
         

会社概要

 

社名

 

株式会社 山陽

 

代表者

 

土岐 秀一

 

本社所在地

 

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-21-22
TEL (03) 3723-1103   FAX (03) 3723-1156
sales@sanyojewelry.com

 

設立

 

1977年1月

 

取扱商品

 

コンテンポラリージュエリー
デザイン制作からの100%オリジナル自社一貫製品


沿革

 

1977-1992

 

貴石(ダイアモンド・ルビー・サファイア・エメラルド)を主とした手作一点物
セットジュエリー・リング・ネックレス・イヤリング・ペンダント・ブローチ・カフス・ティアラ他
ギャラリー

 

1993-現在

 

ロストワックスキャスティングを利用した半キャスト/半手作りの製品に移行

 

1999

 

ドイツ・オーバーシュタインで特殊カットした半貴石(トルマリン・ベリル他)を
建築的要素を取り入れたデザインと融合させたSPS Seriesを発表

 

2002

 

デザイン性の高いクラスプ・飾り駒の開発で、エキゾチックでファッショナブルな
パールネックレスとパールリング他のT's Pearl Seriesを発表

 

2009-現在

 

数あるジュエリーをすべて使用して、お客様それそれの雰囲気に合わせた1つのジュエリーに
リメイクする【再華】を展開中

 

2012-現在

 

大好評だったT's Pearl Seriesのクラスプ・駒を利用して素材をK18からブラスに変更
カラフルな半貴石を使用し、カジュアルな装いをワンランク上の個性的なコーディネートへ
Beads Necklace

 

2016-

 

大胆かつエレガントな高級ジュエリーの素材概念にとらわれないT's Alを発表
銀の様な輝きで軽いので軽銀と呼ばれるアルミニウムをはじめ、ブラス、リン青銅と
ダイアモンド・ルビー・真珠の対照的な素材の組合せが特徴